手巻き式の特徴

ゼンマイを巻く時間を作る必要がある

自動巻きの機械式腕時計というものは、「ローター」と呼ばれる内部のおもりが腕をふるごとに回転してくれるため、ゼンマイを巻く作業が基本的に不要です。それに対して、従来型の手巻き商品を購入した場合はその名の通り、ゼンマイを手で巻き上げる作業が不可欠です。それも、ペースとしては日課として毎日夜の時間帯などにゼンマイを巻きあげる時間をとる必要性が生じます。しかし、毎日の巻き上げ作業に何十分も時間がかかるわけではありません。テレビを見たり音楽を聴いたりしながら、ほんのわずかな時間で巻き上げ作業は完了します。食後または就寝前の歯磨きと同じで、慣れてしまえば決して苦にはならないはずです。それ以上に様々な所有メリットがあるので是非購入してみませんか?

どんな所有メリットがある?

では手巻き式商品にはどんな所有メリットがあるのかというと、耐久性の高さが挙げられます。自動巻き商品と比べてムーブメント内部の構造がシンプルで部品が少なくローターも存在しないため摩耗が進みづらく、長持ちします。そして、ローターという大きな部品を内部に挿入しなくてよい事に連動して本体(ムーブメント)が分厚くならずに済むため、長くつけていても邪魔になりませんし目立ちません。耐久性が高いため、周囲やオーバーホールで頻繁にお金がかかってしまう事もありません。さらに、大事に保有していれば一生使い続けられる可能性が高まります。

なお様々なメリットがあるため手巻き商品は人気が廃れる事無く、逆に進化が進んでいます。かつてはほぼ毎日ゼンマイを巻く必要があったものの、一度巻きあげたら5日以上もつような商品も出できており、そういった商品は人気急上昇中です。

© Copyright Buy Branded Watches. All Rights Reserved.