自動巻き式の特徴

腕時計の主な種類と基礎知識

腕時計には、機械式とクオーツの2種類に分かれており、さらに機械式には手巻きと自動巻きの2種類があります。手巻き式は機械式のムーブメントの基本とも言われており、リューズを巻く事で内部にあるゼンマイが巻き上げられ、そのゼンマイがほどける力で時計の針を進めます。 一方自動巻きは基本的に手巻き式と同じですが、時計の内部にローターが組み込まれており、錘が回転する事でゼンマイを巻き上げます。つまり、時計を装着した腕を振る事で自動的にゼンマイを巻き上げてくれます。そしてクオーツはゼンマイを使用せずに電池を動力にする事で時計を動かします。つまり、機械式は電池を必要としません。クオーツはゼンマイを自動で動かしてくれますが、電池を交換する必要があります。

自動巻き時計のメリット

自動巻きの腕時計は、電池は必要なく、内部の部品などが故障しない限り動き続ける事ができるため、自分で電池を交換できない方には大変便利な時計です。また、手巻き時計の場合には数時間おきに、自分でリューズを巻き時計を動かさなくてはいけませんが、自動巻きの場合には腕を軽く振るだけで動かせます。 つまり、日常生活において歩いている際に、手を降っている時にも自動巻きが働いてくれているので、大変利便性が高くなっています。また、自動巻きの場合には、気づいた時に時計が止まっている事があるため、時間を合わせなおさなければいけません。クオーツ式の場合にも電池がいつの間にか切れてしまっている事もあります。しかし自動巻きの場合には、装着して外出していれば、ほぼ動き続けているので時間を合わせる機会が少ない事もメリットの1つです。

© Copyright Buy Branded Watches. All Rights Reserved.